blog

1000円を握りしめ、寿司屋に走る。〜長崎でオススメの寿司を食べに〜


お昼時、賑わう浜の町。

 

ドラッグストアの安売りなんて目にも留めず、人が行き交うアーケードを通り抜ける。

私の目的はただ一つ。

そう、限定20食の寿司ランチ(1000円)。12時のスタートを狙って寿司屋に一直線。

三和鮨の鮨ランチ、1000円、限定20食です。(大事なことなので2回言います)数に限りがございますので、お急ぎください。

暖簾をくぐり、いざ、中へ。

他のお客さんもたくさんいらっしゃったので、中の写真は撮れませんでしたが…

カウンターに7席ほどの小さなお寿司屋さん。回転寿司でなく、贅沢にカウンターで、でも、お手軽にお寿司を食べたい方にオススメです。

 

あつーいお茶と味噌汁からスタートです。熱いですよ、と言われますが、本当に熱いです。気をつけてください。(本気で)

 

さぁ、出てくる、出てくる、寿司寿司寿司。

 

ふんわりとしたシャリ、分厚いネタ。本当においしい…今の時期の魚は、脂がのっておいしいと大将が言っていました。うん、おいしかったです。

 

せっかくカウンターで食べる寿司。ぜひ、手で食べましょうね。本格的に。

手が汚れる?拭けばいいんです。とにかく試してみてください。何か違うかも…

 

気さくな大将も、ここの名物かも。向かい合って座るということもあり、自然と会話も生まれてきます。ぜひ、話しかけてみてくださいね。

(私的には、なんて言ってるかわからない、「いらっしゃいませ」と「ありがとうございました」←たぶんこう言ってた がツボでした。お聞き逃しなく…)

 

長崎のランチ、どこをオススメは?

 

ここです、三和鮨。1000円、握りしめ、行ってみてください。

 

【三和鮨】

住所:長崎市浜町11-2

電話:095-822-6777

 

CasaBlanca Mai

長崎のプリン専門店がカフェレストランに変身したら…


長崎で食べておきたいものの一つ、トルコライス。

もちろん、ちゃんぽん、皿うどんも有名ですが、トルコライスもチェックしておきたい食べ物。

 

まず、トルコライスってなんでしょう。

 

簡単に言えば、お子様ランチです。もちろん、大人も食べられるので、大人様ランチでしょうか…

一皿に3種類の料理が乗ったものをトルコライスといいます。ナポリタンスパゲッティ、ピラフ、トンカツが王道の組み合わせ。現在は、いろんなお店でいろんな種類のトルコライスがあります。スパゲッティが和風だったり、トンカツがチキンカツだったり…数えればきりがないです。

 

そして、トルコライスの由来はなんでしょうか。

諸説ありますが、一番よく言われている説は、スパゲッティのイタリアとピラフの中国、その両国の間にあるトルコを名前につけたというものです。

また、トリコロールという洋食屋さんから始まったから、そのお店の名前からとったという説もあります。

ただ、トルコでは、豚肉を食べないので、トンカツが乗っているトルコライスが、トルコ発祥ではないということは確かみたいです。

ボリューム満点なので、満腹になること間違いなし。がっつり食べたい方にオススメです。

 

今回紹介するのは、「ALBERTO」

カサブランカから歩いて5分ほど。浜の町商店街から脇道に入ったところにあります。

 

ALBERTOは「浜んまちPUDDING」というプリン専門店が移転し、カフェレストランとしてリニューアルオープンしたお店です。このプリン専門店のプリン、1日1000個売れているらしいです。

今まで通り、プリンも購入できますが、カフェとしての利用もできるようになりました。

 

4月26日にオープンしたばかり。さっそく行ってみました!

トルコライスが中心のメニューになっていて、種類が豊富でした。まずは、王道のトルコライスを…トンカツとナポリタン、ピラフにデミグラスソースがかかっています。

さすが、トルコライス。なかなかのボリュームがありました。でも、多すぎることもなく、ほどよくお腹いっぱいになりました。

ランチタイムには、スープがつきます。そして…

 

食後には、ドリンクと、なんと、プリンが!メニューにプリンがつくと書いていて、まぁミニサイズだろう、と思っていたら、そのままのサイズのプリンでした!

プリン専門店だったということもあり、プリンの種類が豊富でした。行った時は、チョコレートプリンが出てきました。(選ぶことはできませんが、たぶん、どれを食べても美味しそう!)ちなみに、チョコレートプリンは、濃厚ですごくおいしかったです。他の種類のプリンも食べたくなりました。

 

長崎でのランチに迷ったら、ぜひ「ALBERTO」へ!

 

【ALBERTO(アルベルト)】

住所:長崎市鍛冶屋町1-18

営業時間:11:00~23:00

定休日:月曜日

 

CasaBlanca Mai

長崎ジブリイヤー!ジブリ好きの、ジブリ好きのための大博覧会レポ


2017年、長崎がアツいです!

題名にもあるように、2017年「長崎ジブリイヤー」と称し、長崎歴史博物館と長崎県美術館で、ジブリの展示が行われます。ジブリ好きの私にとっては、ウハウハな年です( ̄▽ ̄)笑

前売り券も早々に購入し、今か今かと待ち望んでおりました!準備は万端です。あとは、始まるのを待つのみでした!

 

そして、4月15日。第一弾の「ジブリの大博覧会〜ナウシカからマーニーまで〜」が長崎歴史博物館で始まりました。ゴールデンウィークに行ったら、絶対ゆっくり見れない!と思い、空いていそうな平日の昼を狙って、ついに、行って来ました!

 

実は、歴史博物館に行くのも初めてで…それもわくわくでした。

空いていそうだと選んだ平日の昼。あれ?駐車場の表示が満車になっています。そして、駐車場に入るための車の列も出来ている…あれ?これは、もしや、中は、人でごった返しているのか??と、少し、心配になりつつ、中に入って行きました。

中に入ると、まずは、ここでテンションが上がります。飛行船のお出迎え。こちらの飛行船、定期的に上下に動くんです。最初のフォトスポットですね。ここは、写真おっけーです。

 

そして、いよいよ中に入ります!

展示室に一歩足を踏み入れると、一気にジブリの世界。

テープが擦り切れるくらい見ていた、あのアニメたち。あのキャラクターたち、小物たち。その世界に入り込んだようでした。

 

スタジオジブリとジブリアニメの歴史。企画書から広告まで。膨大な展示の数に圧倒されました。どのように作品が作りあげられたのか、作り手たちがどのような仕事をしていたのか…スタジオジブリのこだわりが随所に見られました。

 

じっくり見たいから、なかなか前に進まない…笑 いろんな人に追い抜かされながら、隅から隅まで、じっくり見ることができました。(入る前は、どんだけ人が多いんだろうと心配しましたが、中は、そんなに混んでいませんでした!平日の昼、おすすめです!)

 

展示室の中の唯一のフォトスポット。ねこバス!!!行き先が「ながさき」になっています!中もふわふわでした!夢のねこバス…トトロも飛んでる…かわいい!どこもかしこもかわいい!

ジブリの作品たち。私のお気に入りは、初期の頃の作品。小学生の頃は、セリフを覚えるくらい見ていました。(半分オタクかも笑)

 

ネタバレしてももいけないので、ここらへんにしておきましょう。夏から始まるスタジオジブリ・レイアウト展も楽しみになりました!

 

ジブリ好きの方、一度は行ってみてください!大満足間違いなし!

 

長崎に来て、何をしようかまだ決まっていない方。ぜひ、この機会に、長崎歴史文化博物館に足を運んでみてくださいね。

長崎からジブリの世界に行ってみましょう!

 

CasaBlanca Mai