blog
ホーム » 更新情報 » この記事

夜9時まで入園OK!ただいまグラバーナイト2016開催中(7/16~10/9)


長崎の夏は暑い!湿度が高い!

お客さんの中には、昼間はおでかけをあきらめリビングで過ごす人もちらほら…。

 

そんな真夏のおすすめ観光コースは、

早朝:平和公園→爆心地公園→原爆資料館→浦上天主堂

夕方以降:鍋冠山→グラバー園→銅座(カサブランカ周辺)で一杯

です。

 

朝の平和公園&爆心地公園は、公園なのでそもそも開館時間などがなく早くから入れるし

原爆資料館は8:30から、浦上天主堂は9:00から(日曜日のミサはもっと早い)と早めの開館。

涼しい朝のうちに見て回れます。

 

 

そして長崎随一の観光名所「グラバー園」へは夜に☆〃

 

長崎観光グラバーナイト2016

 

いつもは17:40までの入園が、夏場は3時間半も延長されて、

なんと夜の21:10まで!

夕方からの行動でも十分に観光できるようになっています。

 

そして園内にはビアガーデンが登場!

そう、グラバーさんはあのキリンビールを作った人でもあるのです。

ライブを聴きながらビール片手に…。きっと旅のいい思い出になりますね。

 

 

長崎といえば夜景鑑賞もマストですが、それもグラバー園から楽しめます。

長崎を象徴する大商人が建てた邸宅とあって、港を一望できる絶好のロケーション。

長崎を手中におさめるような、自宅から毎日眺めても飽きないような、

それでも何か落ち着くような、美しい眺望です。

 

 

 

 

 

 

そして、グラバー園の近くにはもうひとつおすすめの夜景スポットがあります。

「鍋冠山(なべかんむりやま)」です。

 

夜景スポットとしては稲佐山(いなさやま)がとても有名なのですが

鍋冠山は地元人が通う場所といった感じでしょうか。

カサブランカ ゲストハウスから歩いて行ける点でもおすすめです。

 

鍋冠山から見る長崎の夜景

 

鍋冠山の高さは稲佐山の約半分。高層ビルくらいの高さです。

夜景を高いところから見下ろすというより、街に近い目線で見られるので

灯りが大きく、遠近感があり、街の様子もわかるし

空気で灯りが揺れるところもよく見えて綺麗です。

もちろん簡単に登れるというのもいいですね。

 

 

写真の左上の方に塔が3本立っているのが見えるでしょうか。稲佐山の電波塔と展望台です。

稲佐山は鍋冠山のちょうど対岸。

盆地になっている長崎は、長崎港を挟んで両側にすぐ山があるのです。

 

鍋冠山の展望台は今年の春にリニューアルされ、

ゆるやかな円形のスロープが小さなスタジアムみたいで印象的です。

 

鍋冠山公園

 

綺麗なトイレもあるので長居しても大丈夫。

IMG_2954

 

 

ベストな夜景鑑賞は、

日没ごろにスポットに到着して、まだ薄明るいころから

完全に暗くなるまでの両方楽しむこと☆

だんだん暗くなる様子はとてもロマンティックですよ。

 

 

車でお越しの方は、公園のすぐ下に駐車場がありますし(ただし小さいです)、

徒歩の方は、路面電車「石橋」下車後

グラバー園の第2ゲート(裏口)へつながるスカイロード(エレベーター)を利用し

グラバー園に入らずまっすぐ歩くと約10分で到着です。

 

 

グラバー園

http://www.glover-garden.jp

〒850-0931 長崎市南山手町8-1

開演時間:8:00~18:00(夜間開放期間は~21:30)閉園20分前まで入園可

入場料:大人610円

 

 

鍋冠山公園

http://www.nagasaki-tabinet.com/guide/60842/

850-0924 長崎市出雲2-144-1

入場料:無料♡

 

 

 

 




ゲストハウスカサノダ
HOSTEL Casa Noda(カサノダ)
JR長崎駅から徒歩4分!アマゾン川に魅せられた旅人が長崎につくった旅の宿。カサブランカ姉妹店