blog

もーいくつ寝ると長崎くんち♪ 〜長崎の伝統を体験する〜


長崎の一大イベント。

10月7日から3日間、「長崎くんち」の開催です。

夕方〜夜にかけて聞こえてくる音や掛け声に、そわそわしている長崎人も多いはず。もちろん私もそのうちの一人です。今年は、金土日の3日間。最高の曜日と言っても過言ではないでしょう。私が小学生の時は、1日目が平日の場合、長崎の伝統的な行事に積極的に参加しましょう、ということで学校は午前中だけ。午後から張り切ってくんちに出かけていました。

 

10月7日の朝から諏訪神社で奉納踊が終了すると、「庭先回り」といい、市内の事業所や官公庁、各家などに敬意を表して踊りを呈上することで福をお裾分けしお祝いします。この「庭先回り」は、くんちの3日間行われます。町を歩いていると、必ずどこかで出会うはず。庭先回りマップ(スケジュール)が長崎駅やバスターミナル、長崎くんち案内所(浜町アーケード)などで配布されたり、もちろんホームページでもチェックできるので、狙って出かけてみるのもいいですね。

 

 

 

d62b4dac2453af14c61baef3c99eebf9

 

 

 

 

長崎くんちの本番は7日からですが、その前からくんちは始まっています。

10月3日には、「庭見世」というものがあります。

これは、表通りに面した店舗などに、傘鉾をはじめ、本番にしようする衣装や小道具、楽器などを飾る他、出演者に送られたお祝いの品も並べて披露するものです。

こちらも見逃せないイベントです。

 

さぁ、くんちシーズンは、町を練り歩いてみましょう!
今まで見たことがないものが見られるはずです!

CasaBlanca Mai