blog

祝世界遺産登録🎉 隠れキリシタンの里、外海へ!〜出津集落&大野集落〜


「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」世界遺産に登録🎊

昨年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に登録されました🎊

しかし、たくさんの観光客が訪れる長崎市に登録されているのは

大浦天主堂の1つだけ・・・

 

こちらの地図見ていただくと分かるように、

そう、登録された多くの世界遺産物件は長崎県の中部、島々、島原半島に散らばっているのです💡

因みに12番がカサブランカからも程近い大浦天主堂です。⛪️

参照:http://kirishitan.jp/

 

ということで、先日ホステルカサノダ &カサブランカゲストハウスのスタッフでお勉強も兼ねて関連遺産を実際に見に行くことになりました。

今回は長崎市内から車で約30分の外海へ

 

隠れキリシタンの里という呼び名があり、マーティン・スコセッシ監督によって映画化された遠藤周作の小説『沈黙』の舞台でもあります。

私は長崎のキリシタンの歴史に関してはあまり興味がない方だったのですが、スコセッシ監督の前作品の『シャッターアイランド』が好きだったので、映画館までみに行きましたよ!

 

『沈黙』に登場するかくれキリシタンの集落《トモギ村》は外海をモデルに創作されたそうです。

原作者の遠藤周作はこの地を取材で訪れ、小説を書きあげ、またスコセッシ監督も映画の制作準備のために訪れたそうです。

映画では教科書やガイドブックでは全く伝わってこない、キリシタン弾圧下の長崎の様子が生々しいほどに映されており、あんな長閑なところでこんな悲惨なことがあったとはと驚きばかりです😿

また外海には沈黙の碑があり『人間がこんなに哀しいのに主よ海があまりに碧いのです』 と刻まれています。これは遠藤周作がこの碑のために特別に著した文章なのだそう。

 

そんな美しくも、悲しい歴史のある外海の出津集落大野集落へ!

 

まず私たちが向かったのは黒崎教会

ド・ロ神父の指導で敷地が造成され大正9年(1920)に完成した、黒崎の地に建つ教会です。

ここは山田洋次監督の『母と暮らせば』のラストシーンに出て来たのが印象的です。

吉永小百合さんが美しかった💖

聖堂は信徒が1つ1つ積み上げだレンガでできているそうで、屋根は桟瓦葺で日本風。いろんな時代のいろんな人の想いが詰まった教会です。

聖堂内はステンドグラスがとても綺麗で堂内は万華鏡のようでした。

そしてところどころにアクセントのように使われている水色もとても可愛らしいです💙

『母と暮らせば』では山田洋次監督の、この作品を今長崎で生きている人々で作り上げてほしいという思いから、延べ100人の信徒さんがこの黒崎協会のシーンでエキストラ出演したそうですよ。

参照:長崎旅ネット https://www.nagasaki-tabinet.com/houjin/film/detail/5/

 

そして次の目的地は、同じくド・ロ神父が、1882年、私財を投じて建てた出津教会

ここでは信者さんが案内役としていらっしゃり、海風に耐えられるように屋根を低くした木造平屋建築のことや、ド・ロ神父が耕した畑など周辺の歴史の説明まで、とても丁寧にして下さいました。

この教会も煉瓦造りですが、白の漆喰で塗られていて眩しいくらい真っ白✨

緑豊かな山の中で美しさが一層引き立っていました。

 

そして本日最後の教会大野教会へ。

大野地区は神社に密かに自分たちの信仰対象を祀り、オラショ(祈り)を唱えるなど在来宗教と信仰の場を共有していた集落でした。その信仰の場であった神社の近くに、解禁後、教会堂が建てられました。

前半の2つの教会とは打って変わって、民家のような素朴な作り。

しかし、実は大野教会もド・ロ神父の設計なのです!!! すごいド・ロ神父!

 

中には入れませんでしたが、窓が解放してあって、中の様子も見ることができました。

(見学に関しては事前連絡が必要だそうです。)

大野教会は畑や、ジブリのような小道を抜けた山の中にあり、ちょっとしたハイキング気分です。

この日はお天気にも恵まれ外海の景色も堪能できました!

散策中に地元の人に遭遇して、今日は海が綺麗ですね!と言ったら「いやー、今日は微妙やね」といわれました 笑

地元の人がいう本当に綺麗な海がどんなものか気になります💭

 

 

そして最後の締め括りは遠藤周作文学館。(の入り口)

この日一緒に来たスタッフの子供達もだいぶお疲れ気味・・・ということで、館内には入らず。

テラスと素敵な休憩所にお邪魔しました。次回はぜひ館内に!

休憩所は海に面してテーブルが設けられていて、そこで読書をする方もいらっしゃいました。

外海の人は、ここにきてゆっくり読書や仕事ができるのかと思うと羨ましい限り😻

 

「日本の美しい休憩所」と言うランキングがあったらここがナンバーワンですね。

 

以上、外海は本当に碧かった!世界遺産特集でした!

長崎に観光でいらっしゃる方は、レンタカーで外海まで日帰りのドライブというのもいいかもしれませんね🚗

遠藤周作が「神様が僕のためにとっておいてくれた場所」と語った外海の魅力を、体感してみて下さい。

Misaki


✨居場所になるゲストハウス✨


みなさんこんにちは😃本格的に寒くなってきましたね⛄️

Hello everyone!! I am Misato from Casablanca Guesthouse!😃

みなさんの地域はさむいですか?本州からこられたお客様は長崎はまだあったかいと言いますが私は毎日凍えています😊みさとです笑

How’s the weather in your country today? Nagasaki is pretty cold recently😭 but according to guests, Nagasaki is warmer than other area in Japan actually haha

 

さて、大切で大好きだったカサブランカゲストハウスのスタッフみきさんの送別会がこの前行われました。

By the way, my really important staff Miki san’s farewell party was held last day.

 

 

 

私はカサブランカで働き出してまだ8ヶ月、入った時から今日までずっとみきさんに鍛えてもらっていました😂😂✨

I have been working in Casablanca for 8months,  she always taught me a lot from the beginning .😂😂

そんなみきさんがいなくなるのはとても寂しく不安です、がカサブランカでは毎日たくさんの出会いもあります😘💕

So I am really sad and feel uneasy to say good-bye😭 Although, there are lots of encounter too!!!

短期の方ももちろん、長期滞在されるお客様とはファミリーのように仲良しになります🌸🌸🌸

Everyone become a like family no matter they stay in here short or long🌸🌸🌸

1階の共有スペースに自然と集まり、たわいもない話、時にはたこやきパーティーなどがいきなり開催されます😹笑

Everyone gathers 1st share space and talking, dancing, often Takoyaki Party😹haha

 

みなさんは旅行で泊まる『宿』に何を求めますか?

what is the most important thing to hotel/hostel for you?

安さ?立地?快適さ?サービス?

price? location? comfortable? or customer service??

 

たかが旅行するために一晩泊まる宿でも、新しい出会いがあれば、それも立派な素晴らしい思い出になるのではないでしょうか!!😄💗

Even it is just a hotel/hostel which is a only 1 night, it would be a great memories if you have encounters!!

そんな出会いがたくさんある、リーズナブルでとてつもなく交通の便が良い🌸カサブランカゲストハウス🌸へみなさまぜひ一度お越しください👭

Casablanca Guesthouse is a very reasonable, building convenience location and there are encounters!👭

新しいヘルパーさんやスタッフ一同お待ちしております😚

We are really looking forward to you coming to Casablanca Guesthouse😚

そしてみきさん、たくさんお世話になりました😌💕またすぐ会いましょうお元気で‼️‼️

Lastly, I am so appreciate to meet Miki san in here!!! Thank you very much! See you soon‼️‼️

 

⬇️今旬のうちわえびなどの刺身です💗刺身大好き💗💗

This is a fan lobster, Sashimi💗 I love Sashimi so much💗💗

 

 

Casa blanca Guesthouse Misato


長崎の街をカメラをもってさるこう!


長崎の一大イベント、おくんちも終わり一気にお休みモードの長崎です。

毎日のように街のどこかで威勢のいい掛け声が聞こえていたのがすでに懐かしいです・・・。

しかし、大きなイベントがない時期の長崎にもたくさんの魅力があります。

中島川沿いや寺町の古き良き日本の趣のある街並みや、外国人居留地のライトブルーの木造建築をゆっくり観れるのはやっぱりこの時期です。

 

この秋はマイカメラを持ってフォトジェニックな長崎の街をさるいて*みませんか?

*さるく=長崎弁で歩く

ということで長崎市民の私が個人的にオススメする写真スポット紹介いたしまーす!!

 

まずはこちら、長崎の街並みが一望できる坂の上

(Photo by Shuji Moriwaki)

興福寺など中国寺が軒を連ねる寺町通りの小道を登ると、10分ほどで長崎市街地が一望できるスポットに。

特にここというスポット名はありませんが、とりあえず坂を登ればいい景色が見られるのが長崎の素敵なところです。

へいふり坂や、諏訪神社からの風景もオススメです!

こんなに坂を気持ち良く登れるのはこの季節だからこそです。夏は地獄です(笑)!

 

そして11月10日に開催される長崎の隠れたイベント、丸山華まつりです。

(Photo by Shuji Moriwaki)

丸山華まつりは、2001年から始まった梅園身代わり天満宮のお祭りです。

美しく着飾った花魁が丸山町から浜町アーケードなどを歩いたり、長崎検番による奉納踊り・女神輿などがあったり女性が主役の華やかなお祭りです。

今まで地元の人が集まる行事だったのですが、最近県外からの見物客も増えてきました。

 

そしてカサブランカ女子が大好きな、きものさるく

普段の長崎でも着物で歩くだけで、とっても絵になります。この日は浜の町から徒歩数分のきものホッペンさんでアンティーク着物をレンタルし、眼鏡橋や出島ワーフでランチ&おやつタイム。

眼鏡橋とか、中通りでとった長崎っぽい写真があるんですが、パソコンのフォルダーの奥底に消えてしまいました。。。

ちなみにこの1枚目の写真はフランス人の友人アントワンに撮ってもらいました。朝から張り切って行ったので、中盤疲れて半笑いになっていますが楽しかったですよー!!!

涼しい今の時期にきものさるくも楽しいですが、夏用に浴衣のレンタルもありますよー。

ちなみにカサブランカメンバーはすでに2回きものさるくをしていますが、きものホッペンさんでは毎回たくさんの種類から着物を選べるので行っても行っても行き足りないです!!

(Photo by アントワン)

こちらが二回目のきものさるくです。

この時はみんなきちんと体力を温存して、最後まで笑顔で写真が撮れました!

(Photo by Shuji Moriwaki)

最近はカメラ女子も着物を着て、長崎の街を歩くというスタイルが増えているそうですよ!

 

ということでざっくり3つ、カメラを持って長崎を楽しむ方法をご紹介しました。

みなさん、長崎に来たくなりましたか???

 

さて、ここで気づいた人もいるかもしれませんが、この記事にあげた写真、

実は全てフィルム写真で撮られているのです!

 

あまり知られていませんが、長崎はフィルムカメラを撮る人にとても優しい町なのです。

長崎市街地周辺にもフィルムを現像できる写真屋さんが5件ほど。

フィルムカメラを始めたいという人には、フィルムカメラレンタルができるお店もあります。

憧れのローライフレックスや、ハッセルブラッド、ペンタックスをお試しで使うことができるのです。

カサブランカから徒歩10分のところにあるP-plusさんでは、フィルムカメラに詳しいオーナーさんがお客さんにぴったりのカメラを選んでくれますよ。

また店内にはギャラリーがあり、県内外の写真家の作品を楽しむことができます。

長崎に来た機会にフィルムカメラデビューというのも良いかもしれませんね。

 

秋の長崎、おしゃれをして、お気に入りのカメラを持って遊びに来てくださいね!

CasaBlanca Misaki